ライフスタイル

なぜバンクシーはこうも話題になって、人を惹きつけるのか

スポンサーリンク

先日、東京都の防潮扉に書かれた落書きがバンクシーの作品ではないかと話題になりました。

その前は、イギリスのオークションでバンクシーの「風船と少女」が落札された直後、その額縁にシュレッダーが仕掛けてあって、なんと作品を裁断してしまった。

このニュースも世界を駆け巡りました。

バンクシーって、なにかと話題になります。

なぜこんなに騒がれるのでしょうか。

★★★

・作品だけて戦わない差別化

もしバンクシーが他のアーティストと同じようにキャンバスに作品を描いて、ギャリーとかに展示されていたらどうでしょうか。

これほど騒がれていたでしょうか。

たしかに作品はカッコいいと思います。

でも他にもカッコいい作品を創るアーティストはたくさんいると思います。

ということは作品だけで勝負していないんですよね。

歌手に例えるなら歌だけで勝負しない。

俳優なら映画だけで勝負しない。

そこが他のアーティストとの「違い」になっています。

・ミステリアス

ミステリアスって興味をそそられます。

バンクシーっ個人なの?

それともチームなの?

それさえもわからない。

謎です。

神出鬼没で、世界のどこに作品を残すのかもわからない。

今回の東京都の件も、本物の作品か、それともニセモノか。

それさえもわからない。

・メッセージやストーリーがある

これってどこの世界でも必要ですが、とりわけアートの世界ではメッセージやストーリーがあるかないかで評価も大きく変わってきます。

作品に込めたメッセージだけではなく、アーティストの言動も注目されます。

バンクシーは芸術テロリストと呼ばれるほど、反資本主義、反権力な政治的メッセージが強いアーティストです。

こういった面からも注目を集めるんだと思います。

  • この記事を書いた人

Koshiyan

コンサルタント(ITと人材育成が専門)、投資家▶【経歴】以前は転職をサポートする仕事をしていました。その後ITの仕事をするようになり、今はコンサルタントをやっています。▶【趣味】旅、食べ歩き、全国の名居酒屋巡り、映画鑑賞、読書▶個人の働き方の多様性に関心があり、これからは複数の収入源をもつ時代だと思っています。独立を目指す方に有益な情報を発信していきます。

-ライフスタイル

Copyright© Koshiyan Blog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.