ライフスタイル

コロナ太り対策でバターコーヒーを作ってみたらマジ美味しかった件【でも効果はこれから】

スポンサーリンク

コロナの自粛期間でかなり太ってしまいました(約4Kg)。

パーソナルジムとかも検討したのですが、忙しくて継続的に行くのは難しそう。

ということで、もう少しお手軽なダイエットがないかとネットで検索していたらバターコーヒーなるものが見つかりました。

元は「シリコンバレー式自分を変える最強の食事」という本で紹介されていたようです。

僕は毎朝かならずコーヒーを飲むので、これなら続けることができそうです。

さっそく必要なものの買い出しに行ってきました。

バターコーヒーに必要なもの

・コーヒー(できる限り新鮮なものがいいようです)

・グラスフェッドバター

・MCTオイル

・ミキサー

KALDIに行けばすべて揃っているそうなので、KALDIで買い物をしてきました。

グラスフェッドバターは「Ballantyne」というブランドのもの。

グラスフェッドバターとは

トーストにつけるような一般のバターとは違います。

一般的なバターは穀物を食べて育った牛のミルクを使っていますが、グラスフェッドバターは牧草だけを食べて育てられたそうです。

牧草だけを食べていたことでグラスフェッドバターは不飽和脂肪酸が多くなって体内に吸収されやすくなります。

また、香りや味もかなり控えめなのが特長です。

購入したのはこれです(ほとんどが輸入品のようです)。

MCTオイルは「ココティエ」というブランドのもの。

これはパッケージが気に入ったからという単純な理由で選択。

混ぜるのはカプチーノマドラーでもいいようですが、自宅にT-falのミキサーがあったので、これを使いました。

コーヒーはSTARBUCKSのハウスブレンド。

これは毎日飲んでいるので、ものから家にあったもの。

はじめてのバターコーヒー

帰宅してさっそくバターコーヒーを作ってみました。

Nestleのドルチェグストで1杯のコーヒーを入れます。

MCTオイルは大さじ1程度

それにグラスフェッドバターを10g(ですが12g入れてしまいました)

ミキサーで10~15秒混ぜます。

出来上がり。

カップに注いだらとてもいい香りがします。

見た目もラテのようです。

さっそく味見をしてみました。

これは美味しい!

カフェラテ?

いやソイラテに近いかも。

もっと脂っぽいのかと思っていましたが、あっさりとしています。

でも時間が経つとお腹にずっしりくるのがわかります。

これはいい!

まとめ

ダイエット食材というと味がいまいちというものが多いと思います。

ところがこのバターコーヒーは美味しいのがいいですね。

肝心のダイエット効果ははじめたばかりなので未知数ですが、飲んでみた感想は、お昼(午後2時~3時くらい)までは全然お腹がすきませんでした。

3時のおやつタイムに少しお腹に入れると夕食まで持ちそうです。

まだはじめたばかりですが、しばらく続けてみて効果をブログにアップしていきたいと思います。

  • この記事を書いた人

Koshiyan

コンサルタント(ITと人材育成が専門)、投資家▶【経歴】以前は転職をサポートする仕事をしていました。その後ITの仕事をするようになり、今はコンサルタントをやっています。▶【趣味】旅、食べ歩き、全国の名居酒屋巡り、映画鑑賞、読書▶個人の働き方の多様性に関心があり、これからは複数の収入源をもつ時代だと思っています。独立を目指す方に有益な情報を発信していきます。

-ライフスタイル

Copyright© Koshiyan Blog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.