便利ツール

BOSEのBluetoothイヤホンからAir Pods Proに切り替えてみました【レビュー】

スポンサーリンク

イヤホンはほぼ毎日使います。

仕事での移動時やジョギングする時には欠かせません。

かなり酷使するので、これまでは1〜2年で買い替えたり、部品を交換してきました。

いま使っているのはBOSEの「Sound Sport Free wireless headphones」で、2年くらい前に心斎橋のBOSEショップで購入しました。

(もうBOSEのマークも剥げてきています^^;)

買った当初はスマホでYouTubeアプリを使うと動画と音のズレがあり、ショップの方に聞くと「そもそも動画アプリ用に作ってないので・・・」というツレナイ回答でした。

それもアップデートで改善されて、「さすがはBOSE!」とゴキゲンで使っていました。

僕は耳の穴が大きくて、インナーイヤー型よりもカナル型を選んでいるのですが、そのカナル部分の強度が弱まってきたようで、ふとした時にイヤホンがずれ落ちそうになります。

カナル部分だけ購入することも考えましたが、まわりの人があまりにも「Air Pods Pro」がいいと言うので、主体性のない僕はその流れに身を任せてしまい、気がつけばアップル社よりお礼のメールを受け取っていました。

Air Pods Proが届きましたー

最近のApple製品は包装されているナイロンを開封するのも工夫がされて、ワンタッチで剥がすことができます。

「Designed by Apple in California」です(一応確認w)。

本体がこじんまりと鎮座

本体を取ると、ケーブルと別サイズのカナル(SサイズとLサイズ)が収まっています。

いや小さい!

BOSEと比較すると歴然で、技術の進歩を実感します。

厚みも違う

本体の蓋を開けるだけでiPhoneに接続しにきました。

接続をタップするだけで接続完了です。

Apple製品を持つことのメリットのひとつは製品間リンクですね。

同じネットワーク(WiFiなど)環境下では製品と製品がリンクしてくれるので、情報のやりとりや操作が共有できるのでとても便利です。

まとめ

使ってみた第一印象はノイズキャンセリング機能がすごい。

これヤバいなと思うほど、外部の音が遮断されてしまいます。

使う時は要注意かも。

逆に、「おっとこれは」と思ったことは、本体からイヤホンを取り出す時です。

本体がスベスベしているので、落としそうになります。

これは慣れが必要ですね。

これから使い込んでみたいと思います。

  • この記事を書いた人

Koshiyan

コンサルタント(ITと人材育成が専門)、投資家▶【経歴】以前は転職をサポートする仕事をしていました。その後ITの仕事をするようになり、今はコンサルタントをやっています。▶【趣味】旅、食べ歩き、全国の名居酒屋巡り、映画鑑賞、読書▶個人の働き方の多様性に関心があり、これからは複数の収入源をもつ時代だと思っています。独立を目指す方に有益な情報を発信していきます。

-便利ツール

Copyright© Koshiyan Blog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.