ワークスタイル

収入源を増やす4つのポジションとステップ【時代の変化に適応】

スポンサーリンク

 

こまった君

収入源を増やしたいのですが、どのような方法がありますか?

今回はこのような疑問にお答えしたいと思います。

僕はいま次の4つの収入源を持っています。

  • 会社経営者としての収入
  • 個人で得る収入
  • 投資(株投資)による配当
  • 広告収入(アドセンス、アフィリエイト)

今後はさらに増やしていきたいと思っています。

 

いまの日本を冷静に見れば、経済全体が一本調子で右肩上がりに伸びていくということは考えられません。

たとえいまは好調な事業でもいつどのような環境変化に見舞われるかもわかりません。

これからは収入源を複数持っておくことは鉄則だと思います。

まず最初に収入源を増やすにあたって、収入源の種類について見ていきましょう。

 

収入源となる4つのポジション

収入源を考えるとき「金持ち父さん貧乏父さん」の著者ロバート・キヨサキ氏が提唱したキャッシュフロークワドラントで考えるとわかりやすいです。

 

※画像をクリックするとAmazonへ飛びます。

キャッシュフローとは収入の得かたで、クワドラントは4分割という意味で、次の4つのポジションが紹介されています。

・E(=Employee:雇用者)

・S(=Self Employee:自営業者)

・B(=Business Owner:ビジネス・オーナー)

・I(=Investor:投資家)

それぞれの頭文字をとって「ESBI」と呼ばれています。

具体的にひとつずつ見ていきましょう。

ESBIとは

ESBIはすでに様々なところで紹介されているので、ここではポイントを絞って解説をします。

E(=Employee:雇用者)

会社や組織に雇用されて、そこから得る給与を収入源とします。

日本国内では、これを収入源としている方が圧倒的い多いと思います。

Employee:雇用者の例

・サラリーマン

・公務員 など

毎月給与が支払われ、会社の業績が悪化してリストラに合わない限りは安定した日常を送ることができます。

特に新型コロナウイルスの影響でしばらく不況が続くと思われるので、Employeeの安定性はあらためて注目されるでしょう。

一方でリスクが少ない分、得れるリターンもそれなりにということになります。

 

S(=Self Employee:自営業者)

自分のビジネスで自分が働くことによって収入を得ることができます。

独立心が強くて、人に使われるのがイヤという方に向いています。

あるいはやりたいことがある専門職の方にとってもいいポジションだと思います。

さらに人を雇うなんて面倒くさいという方にもいいかもしれません。

自分が頑張れば頑張るだけ収入が増えます。

ただし注意点があって、頑張れば信頼を得ることができて社会的地位が上がりだすので、仕事がどんどん増えていきます

そうすると、いずれ時間的な限界に達します。

そして何より健康を害することもあるので、自己管理能力が求められます

 

B(=Business Owner:ビジネス・オーナー)

自分が所有するビジネスから収入を得ることができます。

このポジションになるには次の2つ方法があります。

Business Owner:ビジネス・オーナーになる方法

① 自分でゼロからビジネスを作る

② すでにあるビジネスを買う

もちろん後者の方が手っ取り早いのですが、購入する資金が必要になります。

最近ではクラウドファンディングなど資金調達方法も多様化しているので、昔ほど難しくはありません。

僕は資金がなかったし、クラウドファンディングという発想もなかったので、自営業者の立場を続けながらゼロからビジネスを作り上げました。

このポジションの特長は、働くのは自分ではないというところです。

したがって、自分が優秀である必要はなく、優秀な人に働いてもらう仕組みをいかに作るかが重要です。

I(=Investor:投資家)

他の人が所有するビジネスに投資するか、自分で株や不動産を持つことで収入を得ることができます。

このポジンションに関しては、星の数ほど投資商品や投資スタイルがあるので、別の機会に詳しく解説をしたいと思います。

 

ビジネスオーナーも時間的な自由はない

キャッシュフロークワドラントの紹介で、よくESは時間がなく、BIは時間が得られるという説明がされていますが、僕の実体験では若干違います。

Bもかなりのハイレベルにならないと自由な時間はえられません。

一度作ったビジネスモデルが永遠と利益をもたらしてくれることはありません。

市場環境も変化し、競合企業の参入もあるので、ビジネスモデルをどんどん改善していく必要があります。

なので、本当にビッグビジネスに育つまでは、それほど時間的余裕は得られないと思っておいた方がいいでしょう。

 

ESとBIの違いは時間ではなく決断すること

ESとBIを分けるのは時間の自由ではなく、決断できるかどうかです。

BIのポジションで非常に大切なことは「自分が最終の意思決定者」であることです。

「このビジネスモデルでやる」という決断

「この人を採用する」という決断

「この会社にいくら投資する」という決断

BIは決断の毎日です。

したがって、BIを目指す方は「決断」、つまりリスクを取るということの覚悟を持っておかれた方がいいです。

 

収入源を増やすステップ

E→S→B→Iの順が王道です。

この順であれば、自分のポジンションの収入を確保しながら次のポジンションに着手でき、リスクヘッジをしながらステップを進めることができます。

安定を確保しながら、自分のビジネスを作ります。そのビジネスでイケるという手応えがあれば、それで会社を立ち上げて仕組みを作り、そこから得た収入で他へ投資という形で展開できます。

時間はかかりますが、これならリスクヘッジをしながらステップを進めます。

実際、僕もESBIの順でステップを積み上げてきました。

 

頭で考えず、行動しながら改善していく

頭で考えたらリスクだらけで、前に進めません。

とにかく身近で短期な目標を立てて、明日からでも動き出すことです。

自宅にいながらでもスタートすることは可能です。

そしてうまく行かなければ、軌道修正していくのです。

軌道修正について学ぶなら、クリス・ズック&ジェームズ・アレン著『Repeatability』がおすすめです。

https://koshiyan.com/archives/1307

まとめ

時代は常に変化しています。

日本は過去の高度成長期のように右肩上がりで、終身雇用によって収入が保証されるということはなくなりました。

ましてや今回の新型コロナの影響でしばらくは不況に陥ります。

自分の収入は自分で確保する時代へと変わりつつあり、その変化へ適応した者が生き残れると思います。

テレビを観ても、俳優をしながら、MCをして、歌も歌うという人はざらにいます。

芸人でも、食通になって、本を出版する人もいます。

サラリーマンだけが給与だけで生活しなければならないわけではありません。

収入源を増やす準備をしましょう。

【関連記事】

https://koshiyan.com/archives/977

https://koshiyan.com/archives/1097

  • この記事を書いた人

Koshiyan

コンサルタント(ITと人材育成が専門)、投資家▶【経歴】以前は転職をサポートする仕事をしていました。その後ITの仕事をするようになり、今はコンサルタントをやっています。▶【趣味】旅、食べ歩き、全国の名居酒屋巡り、映画鑑賞、読書▶個人の働き方の多様性に関心があり、これからは複数の収入源をもつ時代だと思っています。独立を目指す方に有益な情報を発信していきます。

-ワークスタイル

Copyright© Koshiyan Blog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.