ブログ

<2020年版>Googleキーワードプランナーの使い方(準備編)【初心者向け】

スポンサーリンク

キーワードプランナーとは

ブログやサイトで集客を目指すときに欠かせないのがキーワード調査と選定です。

そのキーワード調査と選定に便利なツールがGoogle広告のキーワードプランナーです。

キーワードプランナーはGoogle広告で使えるツールのひとつです。

今回は、キーワードプランナーを使って、適切なキーワードを選ぶ方法をご紹介しますが、その前にキーワードプランナーを使うためのGoogle広告アカウント登録方法について解説します。

広告費を支払い続けなくても、キーワードプランナーは使えます。

注意!

今回の記事は、Google広告でリスティング広告を出稿する方は対象ではありません。ブログやサイトを運営して適切なキーワード選定するために、キーワードプランナーを使いたいという初心者の方が対象です。

Google広告設定(アカウント登録)

Google広告のアカウント作成の流れです。

①ビジネスとユーザー層

②あなたの広告

③予算と広告確認

④お支払い情報の設定

まずGoogle広告へアクセスします。

Googleアカウントでログインします。

注意!

Google広告へアカウントを登録するためには、Googleアカウントが必要になりますので、お持ちでない方はまずGoogleアカウントを作成してください。

①ビジネスとユーザー層

次に広告の目的が聞かれます。

広告を出すことが目的ではなく、キーワードプランナーを使うことが目的なので、どれを選んでいただいても結構です。

ブログでマネタイズを目指している方なら「ウェブサイトでの商品購入や申込みを増やす」を選択すればよいでしょう。

次は「ビジネスの説明」です。

ビジネス名はブログ名や会社名。

ウェブサイトのURLを入力して次へ進みます。

「商品やサービスを指定する」ですが、これも最初から入力されている状態で問題ありません。次へをクリック。

地図が出てきて「ターゲットとするユーザーの所在地」を聞かれますが、海外展開を考えている方以外はそのまま次へ進みます。

②あなたの広告

広告見出し1、広告見出し2、広告見出し3、説明文1、説明文2を入力(内容は適当でOKです)して、次へクリックします。

③予算と広告の確認

広告予算の設定では、一番安い選択肢でも結構ですが、自分で入力することも可能です。

自分で入力する場合は「予算を自分で入力」を選択します。

一日の最低広告予算が197円になっているので、200円でいいでしょう。

④お支払い情報の設定

下の方へスクロールしながら入力した内容を確認しします。

クレジットカード情報を入力し、「Google広告の利用規約に同意します」にチェックを入れて、送信を押します。

これでアカウント登録の設定が完了です。

「キャンペーンを確認」ボタンをクリック。

作成した広告を停止しておきましょう

広告費が発生しないように、作った広告を一旦停止しておきましょう(いつでも復活できます)。

「●有効」をクリック。

「キャンペーンを一時停止する」をクリック。

これで広告が停止され、広告費の支払いは発生しなくなります。

これでようやくGoogle広告のアカウント登録は完了しました。

最後にキーワードプランナーは使えるように初期設定しましょう。

キーワードプランナーの初期設定(使える状態にする)

画面の右上の「ツール」ボタンをクリックします。

エキスパートモデルに切り替えます。

画面が切り替わります。

画面の右上のツールを選択。

メニューの「プランニング」のなかから「キーワードプランナー」を選択。

キーワードプランナーのホーム画面に切り替わります。

これで、キーワードプランナーを使うことができます。

この画面をブックマークしておきましょう。

  • この記事を書いた人

Koshiyan

コンサルタント(ITと人材育成が専門)、投資家▶【経歴】以前は転職をサポートする仕事をしていました。その後ITの仕事をするようになり、今はコンサルタントをやっています。▶【趣味】旅、食べ歩き、全国の名居酒屋巡り、映画鑑賞、読書▶個人の働き方の多様性に関心があり、これからは複数の収入源をもつ時代だと思っています。独立を目指す方に有益な情報を発信していきます。

-ブログ

Copyright© Koshiyan Blog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.