便利ツール

Logicoolのウェブカメラ「Stream Cam」が思っていた以上だった

スポンサーリンク

オンライン会議が増えてきて、少しずつ映像や音声のクオリティをあげたくなってきました。
そこで、SONYのZV-1をウェブカメラとして使ってみました。
映像のクオリティが格段に上がり、満足していたのですが、スペースをけっこう取ります。
それと、ZV-1の電源確保など準備にも手間がかかります。
ZV-1は、これはこれで有りだと思っていますが、もう少し手軽に使えるものも探していたました。
そして今回新しくウェブカメラを導入しましたので、紹介させていただきます。

Logicool製「Stream Cam」

購入したのは、Logicoolの「Stream Cam」です。
Logicoolのサイトでは、税込20,350円で、僕はヨドバシカメラで税込16,280円で購入しました。
購入の決め手は以下です。

①WindowsとMacに対応している

僕はWindowsもMacも両方使うハイブリッド運用なので、どちらのOSにも対応していることが必須です。

②USB-C接続

まぁこれは言わずもがなですね。今から購入するのにUSB-Aはないかなと。

③汎用的な取り付けができる

基本はノートブックのモニターにマウントする方法で使う予定ですが、場合によっては三脚にも載せる予定です。

④高解像(フルHD(1080p)の60フレーム)に対応している

ある程度の解像度があれば良かったので、フルHDであればまったく問題なし。

Logicool Captureというアプリと連携ができ、映像の録画や編集、画角やフォーカスの変更もできるようです。
まだ、フォーカス変更しか試していませんが、映像に手を加えられるのは、様々なシーンで使えると思います。

イマイチだったところ

ズバリ「思っていた以上にデカい」です。
今回は現物を見ずに、ヨドバシカメラのECサイトで購入しました。
なので、現物が届いてMacBook Airにマウントして、最初に口から出てたのが「デカっ!」。
ケーブルもかなりしっかりしています。
もともと今回は自宅でのテレワーク用に購入したので問題ありませんが、あまり持ち歩きには適していないという印象です。

まとめ

一時期は品薄で入手に困ったウェブカメラですが、いまはそれほどでもなく、どんどん新製品がリリースされています。
ピンキリで1千円前後のものから数万円まであります。
購入目的を明確にしないと後悔するかもしれませんので、今回のエントリーが参考になれば嬉しいです。

  • この記事を書いた人

Koshiyan

コンサルタント(ITと人材育成が専門)、投資家▶【経歴】以前は転職をサポートする仕事をしていました。その後ITの仕事をするようになり、今はコンサルタントをやっています。▶【趣味】旅、食べ歩き、全国の名居酒屋巡り、映画鑑賞、読書▶個人の働き方の多様性に関心があり、これからは複数の収入源をもつ時代だと思っています。独立を目指す方に有益な情報を発信していきます。

-便利ツール

Copyright© Koshiyan Blog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.