便利ツール

エコバッグ「シュパット(Shupatto)」の3つのイチオシ理由

スポンサーリンク

コンビニ各社の発表ではレジ袋を辞退する方は全体の7割になったそうである。

僕も、これまでに3つのエコバッグを購入したが、結局使っているのは「シュパット(Shupatto)」に落ち着いた。

これからエコバッグを買う方の参考になればと思い、今回はその理由について紹介しよう。

「シュパット(Shupatto)」イチオシの理由

広げやすさ&折りたたみやすさ

僕にとっては、なんといってもこれが1番。

スーパーなら精算済みの食材をカウンターでゆっくりとバッグに入れることができるが、コンビニではレジで買った物をバッグに入れないといけないので、時間との戦いである。

そのときに威力を発揮するのが「シュパット(Shupatto)」

ホックを外して広げるだけです。

そして、帰宅した後がこれまた楽ちん。

両端を持ってシュパッと引っ張る。

あとは折りたたむ。

そしてホックで止めるだけ。

ほんと簡単です。

それもそのはず「たたみにくい」を解決するために生まれてきたバッグだらかです。

<リンク>

容量

僕が使っているのはMサイズである。

公式サイトでは14.5L入るそうですが、ほんと見た感じよりも大容量です。

先日コンビニでレジの方から、「これいっぱい入りますね」と感心のコメントをいただきました(いやいやおたくのコンビニ(セブンイレブン)で売ってますやん笑)

コンパクト

大容量なのに折りたたむとコンパクト。

かさ張らないので、つねにカバンに入れておけます。レジで「あっエコバッグ忘れてしまった」ということがありません。

ちなみに僕は2個買って、仕事用のカバンとプライベートのカバンの両方に常に入れております。

まとめ

先日ワールドビジネスサテライト(WBS)でエコバッグの特集をやっていた。

そのコーナーでエコバッグを選ぶ基準が紹介されていた。

次の通りである。

  • 1位:容量の大きさ
  • 2位:丈夫さ・耐久性
  • 3位:トートバッグタイプ(形状)
  • 4位:持ち手の丈夫さ
  • 5位:汚れにくさ・洗いやすさ

折りたたみやすさとかは3位のトートバッグタイプに入るのかな?

また、ロフト全店での売上ランキングが公表されていた。

WBSのランキングでも1位に輝いたのは「シュパット(Shupatto)」でした。

お値段もそこそこしますが、毎日使うことを考えれば、ストレスのないものを使いたいものです。

本日は以上です。

  • この記事を書いた人

Koshiyan

コンサルタント(ITと人材育成が専門)、投資家▶【経歴】以前は転職をサポートする仕事をしていました。その後ITの仕事をするようになり、今はコンサルタントをやっています。▶【趣味】旅、食べ歩き、全国の名居酒屋巡り、映画鑑賞、読書▶個人の働き方の多様性に関心があり、これからは複数の収入源をもつ時代だと思っています。独立を目指す方に有益な情報を発信していきます。

-便利ツール

Copyright© Koshiyan Blog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.